勉強は大人になってからが面白い!

コラム
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

現在、ある勉強会のため、大阪に来ている。

おおざっぱに言って、浄土真宗の教えを学ぶものなのだけれど、全行程5日間という長丁場の勉強会だ。

全国からご門徒を中心に様々な人が集い、お寺の本堂で聖典を学ぶ。

年2回、4月と9月に開催されるが、とびとびだけれど通い始めて、もうかれこれ10年以上になる。

(それでもこのメンバーの中では、まだまだペーペーさんだ。)

 

この勉強会で毎回思うこと。

それは、学ぶことが面白いということ。

 

昔は勉強というと、いやいやさせられるものだったが、

この歳になって学ぶと、なぜか面白いと感じるのだ。

 

相変わらず内容が難しくなると眠たくなるが、

ほとんどの時間は自主的にノートをとっている。

 

どうしてだろう?

苦手だった勉強が、

つらかった勉強が、

面白くなるなんて。

 

それはきっと、ぼく自身が今、学んでいることを

ぼくは、自分の問題(我がごと)としてとらえているのだろうと思う。

人にやらされるのではなく、自らの課題を認識しているのだと思う。

 

ぼくに必要で、

ぼくが求めている

そんなことを学んでいる。

 

だから、学ぶことが面白く、楽しいのだ。

 

しばらく勉強や、学ぶことから離れている人。

昔は苦手で嫌いだった人。

久しぶりにやってみると、

もしかしたら、勉強が好きになっているかもしれませんよ。

 

■大江英崇 SNSアカウント

下記ボックス内のSNSマークをクリックしてください。
※友達申請/フォローはお気軽にどうぞ。
一言メッセージいただけると嬉しいです。

この記事を書いた人

浄土真宗本願寺派のお坊さん。(賢明寺・副住職)
福岡県豊前市で子育てや地域活性化に励んでいます。
ネットでお寺や仏教の面白さ、ローカル情報を発信中!
カフェ巡り、カメラ、アコギ(ソロギター)が趣味。

大江 英崇をフォローする
コラム
スポンサーリンク
大江 英崇をフォローする
おぼマガ

コメント

タイトルとURLをコピーしました