【書評】自家製の公共づくりとは?『マイパブリックとグランドレベル』

今日はぜひ、読んで欲しい本の紹介なのだけれど、ぼくはこれから紹介する本を危うく読み損ねるところだった。 というのも、Amazonで注文したのはいいのだけれど、すぐに在庫切れになってしまったようで、しばらく届かなかった。 どうしようか、...

【書評】小さな出版社のつくり方 ギョウカイを変えたいなら、読むべし。

こんにちは!おてライターのHIDEさんです。 今日は本のご紹介です! 今回ご紹介するのはこちら! この本には12の新しい小さな出版社と、当事者のインタビューが出てくる。 主に独立していく場面や業界のシステムに関しての話が登場す...

自分らしく生きたいならこれを読め。海と音楽とジャック・ジョンソン

自然体とは彼のためにある言葉のようだ。 その人物の名前を、Jack Johnson(ジャック・ジョンソン)という。 アコースティックギターを中心にグッドメロディを届けてくれる、 ハワイ出身のミュージシャン。サーファ...
2019.07.12

紙上コンサルティングを受けよう!中川淳『経営とデザインの幸せな関係』【書評】

博多駅に行くと引き寄せられるように入ってしまう店がある。 おしゃれな雑貨店という感じだが、洋風ではなくて、和の雰囲気が似合う店内。 小物やカバン、服も置いてあり、女性に人気。 お店のロゴには鹿のマーク。 さて...
2019.07.12

本『ゆっくり、いそげ』に学ぶ、「ギブ」ということ。

物事の始め方には二種類ある。 「テイク」から始めるか、「ギブ」から始めるか。 取るか、与えるか。 果たしてぼくたちは、どちらから入っているのだろうか? Book『ゆっくり、いそげ』 今回は、お寺の活動において、...
2019.07.12
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました